TPOに合わせた着物の種類って何がある?!

振袖

未婚の女性が着る一番格が高い着物。たもとの長さにより、大振袖、中振袖、小振袖に分かれ、ひざより長い中振袖が一般的です。


参考例)成人式、結婚式に参加する時など

留袖

既婚の女性が着る一番格が高い着物。たもとは短く、裾だけに絵羽模様(縫い目があっても模様が続いて見える仕立て方)が入ります。黒地のものを「黒留袖」色地のものを「色留袖」と呼び、黒留袖が格上とされます。


例)フォトウエディングでの家族写真、結婚式など

紋付羽織袴

既婚、未婚に関わらず正式な場で着る男の人の着物です。羽織と長着は黒羽二重、縞織りの仙台平の袴を合わせます。


例)フォトウエディングなど

訪問着

色留袖や振袖よりも控え目にしたい時の女性の着物で既婚未婚問わず着ることができます。


例)初宮参り・百日記念、七五三、十三参りなど子供の節目のお祝いごとに、結納記念や家族写真など

付け下げ

訪問着を簡略化した着物で訪問着よりシンプルな模様になります。あわせる帯の格によってあらたまった場から気軽な場まで幅広く着ることができます。

アンサンブル

同じ布地で仕立てられた長着と羽織のことで、外出着として着ることができます。
また、上記以外にも一色だけで染められた「色無地」やおしゃれ着である「小紋」や「紬」など着物には様々な種類があります。

撮影内容に合わせて”着物選び”も楽しみのひとつ。
当店でも様々な着物をご用意しておりますので
用途に合わせた和の装いで年賀状の挨拶状や皆さんで揃えて
写真を撮るとステキな一枚になるでしょう。